画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1ca5aa236c3d61fcd20a775152f4116a-edited-1.jpg

川越市議会議員

こんにちは、あけど亮太です。

現在40歳、川越市議会議員(3期目)を務めています。

  • 2011年 30歳で川越市議会議員選挙初出馬、初当選
  • 2015年 34歳、川越市議会議員選挙二期目の当選
  • 2019年 38歳、川越市議会議員選挙三期目の当選

テレビを見ていて「いつまで経っても政治が良くならないなら自分が良くしよう」と思い立候補しました。よく聞かれますが身内に議員がいたりなんてことはありません。むしろ子どもの頃に親が離婚しているので、親族が少なくてお年玉が少なかったクチです。

議員としては「教育が良くなれば世の中すべてが良くなる」と考えておりますので、教育施策を中心に議会活動を行っています。
その他の得意分野はデジタル概念の導入です。後述しますがボクは会社経営もしているので、経営者の目線より行政の行う事業の効率化や費用対効果について日頃から取り扱っています。

経営者

株式会社クリエイトワンというデジタル&アナログ広告会社の代表取締役を務めています。
会社を立ち上げる前はアナログ広告の会社に勤めていたのですが、自分の会社を立ち上げる際にデジタル要素を取り入れてシステムサポートからWEB管理やアプリプロデュースなどを行っています。
子どもの頃からデジタルに興味があり、趣味でプログラミングをしていたこともありデジタル化への移行は比較的スムーズでした。

ちなみに一番好きなゲームはWizardryです。7は世界最高峰のゲームだと今でも信じています。高校を出て一時はWizardryをパクったにインスパイアされたゲームを作ってはアフィリエイトで生計を立てていました。

その他の取組み

👉LiteLabo

ビジネス以外では学生支援事業リテラボという事業を行っています。
これは松下政経塾の学生版だと思ってもらえると良いかなと思います。
中高生を対象に研修費を提供してこれからの社会で必要となる「考える力」の育成を目的としています。
いつかは財団法人化したいなぁとコッソリ企んでいます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 339f02763fa03d34356ebc9463f4ad02-1-1024x576.jpg

👉ひろゆきさんと「児童養護施設にPCを無償で配ろうプロジェクト」

「2ちゃんねる」開設者でおなじみのひろゆきさんと「児童養護施設にPCを無償で配ろうプロジェクト」をやらせてもらっています。
ひろゆきさんのTwitterから始まったこの企画。児童養護施設などにはパソコンを自由に使えない環境で生活している子供達が大勢います。
そういう環境に居る子の中には類を見ない才能を持ってる子もいるかもしれず、せっかくの才能を眠らせたままにしておくのは社会にとって非常にもったいない話です。
そこで、一口500万円で日本中の児童養護施設に無償でパソコンを配り、自由に触ってもらうことで社会に生かせる才能を開花してもらえたら幸いと思い参加をさせていただきました。

ひろゆきさんのプロジェクト完了報告ページ

👉聴覚障害、言語障害の支援アプリ「iCONTACT」のリリース

事業の一環でiOSアプリをリリースしました。
もはやボクらの生活にテクノロジーは欠かすことができない技術です。その技術で社会環境をアップデートすることで、ダイバーシティの浸透が実現可能となります。
iCONTACTはAR機能を使ってテキストを上空に表示するアプリです。
言葉が話しづらい、耳が聞こえにくい人でも、即座に伝えたいことをテキスト化して共有することが可能で、ウェアラブルデバイス(グラス系)が普及すれば生活に浸透するはずだと虎視眈々と狙っています。

テクノロジーとリアルの融合でこの世から「障害者」という言葉が無くすことを本気で企んでいます。

iCONTACTダウンロードページ(iOS)

👉JAPAN MENSA

その他にもJAPAN MENSAという団体に所属しています。
この団体は小学生から弁護士までと幅広い会員がいますので、楽しく異業種交流をさせてもらっています。
リテラボの講師にも数名JAPAN MENSA繋がりでお世話になっています。


👉出版物

そして今年に入り著書を出版しました。初出版にあたり、日本橋出版様には大変お世話になりました。
ボク自身、政治や経営や団体活動など様々な活動をしています。そこから見えてきたマルチタスクな取り組みについて「社会とお金」を軸にあれこれ書いています。
Amazonで購入できますので是非ポチっていただけるととても嬉しいです。👉Amazon購入ページ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: b6e0c3fd37a69d25c456d4ed545dd877-1-1024x430.jpg
マルチタスク思考(Amazonページ)

👉青年会議所

地元の青年会議所にも所属しています。30歳から入会しているのでかれこれ11年目です。
うち半分くらいは理事をやっており、様々な経験を積ませてもらいました。一番印象に残っているのは青少年育成事業です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 10615636_758453067547350_4513615349924116472_n-edited.jpg
2014年に担当した青少年育成事業

👉海外研修

38歳の頃にSDGsの研修でスイス・スウェーデンに行ってきました。
世界保健機関(WHO)での研修やサン=ピエール大聖堂の見学を通してSDGsと世界の繋がりを学び、研修期間中はゴミで走るバスに乗ったり日本では廃棄物となる資源から再生産された生活用品を購入、使用したりと体験を通してSDGsについて学んできました。

行きの飛行機で訳合って一人ウィーンの空港に置いて行かれた時はさすがに心細かったですが、Google先生のおかげで無事に飛行機の乗り換えに成功、目的地に着くことができました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 68481096_2461623140563659_3496300659676807168_n.jpg

👉ファイナンシャル・プランナー

実はコッソリとファイナンシャル・プランナーの仕事もしています。活動内容はお金に関する講演が主なものとなります。
FPは生涯生活設計業務などで収益を得ますが、ぶっちゃけた話、これだけ情報化に伴いお金の価値観がぐるぐる変わる社会で10~20年先の生活設計は信ぴょう性に薄れています。今の時代だからこそ根幹となるマネーリテラシーを高める講演の方が価値があると考えています。

と、いろいろ書いたので整理する意味で全体のざっくりとした経歴をまとめると以下の通りです。

1999年 高校卒業→プログラミングで生計を立てる→20歳で地元の広告会社に就職→29歳で個人事業立ち上げ→30歳で市議会議員→34歳で株式会社立ち上げ→35歳でFP活動開始→38歳、EUへSDGsの研修→40歳で初著書出版、リテラボの開催→ひろゆきさんとパソコン配り

👉執筆

2018年に日経グローカルさんで「新・奮闘地方議員」というテーマのもと執筆をさせていただきました。※目次はこちら
今読み返すと漢字ばかりで非常に読みにくい文章です。今ならもう少し読みやすい文章で書けるかと思いますので、日経グローカルさん、もしこのブログが目に留まったら是非リベンジさせてください。

👉筋トレ

かれこれ25年ほど筋トレ民です。
中学の頃から始めた筋トレのおかけで体重は高校卒業時から変動なし、体脂肪率も10%を維持しています。自称「日本一良いカラダをした市議会議員」です。
議員に限らず社会人にとって健康は資本です。この日課はこれからも続けていきます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5b9185d44aa7744b135efea517018f64-1024x600.png

情報発信

ネットでの情報発信媒体は以下の通りです。
基本的なSNSを中心に情報発信しています。

  1. Twitter
  2. Facebook
  3. YouTube
  4. WordPress
  5. Instagram

🐤Twitterは政治、ビジネス、教育と幅広くつぶやいてます。ボクがメインに使用しているSNSです。
💻Facebookは公務中心です。お堅い内容メイン。
📹YouTubeはブログに書くほどではないけどちょっとボリュームがある内容を配信してます。
📝WordPressはブログメインで運用しています。政治、ビジネスに限らずイベントなどの告知もしています。
📷Instagramは筋トレメインです。なんだそれはと思われるかもしれませんが、筋トレメインです。

まとめ

このように色々とやらせてもらっています。

「どの仕事がメインなの?」とよく聞かれるのですが、ボクは仕事や活動に線引きをしていません。
というのも、それぞれの仕事や活動で得る経験は他の業務にプラスの効果、いわゆる相乗効果を生み出します。
相乗効果によって全体の質が高まるのですから、あえて線引きをせずに仕事や活動している方が効率的です。(項目別に記載しておいてなんですが)

これまで全体を記載したプロフィールを書いてこなかったのですが、活動の幅が広がってきたので整理する意味も含めて作成してみました。

今後もバージョンアップしていく予定ですので、お時間があればまたお越しください。

※お問い合わせは以下よりご連絡ください。

お問い合わせフォーム